桜貝の気まぐれ日記

還暦過ぎての初ブログ開設

花組 アルカンシェル

花組トップコンビ退団公演アルカンシェル

最近、宝塚は基本1回観劇。今回もB席で観てきた。

柚香光さんは個性的なお顔だち、好みが別れるところだが正統派美形ではないけど纏う雰囲気は真ん中しか似合わない。

ダンスも宝塚的では無いので周りと揃った動きは出来ないのでソロが似合う。

時には粗さが目立つときもあるがこれもまた個性とも言える。

お歌は長年苦労されていたが、初期の頃のまっすぐな歌唱にもどられて最後にして過去一好感が持てる歌唱法に落ち着いた感じがした。

たゆたえども沈ますの楽曲もシンプルで耳に残って良い。

今回の小池先生の1本物、また敵役がナチスかとも思ったけど、映画の「パリは燃えているか」を下敷きにしているので歴史的背景は安心して観られる。

番手や退団者の使い方もなかなか上手い。

柚香光さんの最後の公演ということで、なぜショーが無いのだと不満な方も居られるらしいが私としては彼女に宝塚的ショーを1時間するのは無理だと思っているので、今回の芝居、歌、踊りを適度に融合させた一本ものは良く思いついたなと関心するばかりだ。

柚香光の使い方をよくわかってる御大!

飽きることなく堪能した。

ただ相手役の星風さんの長年作り上げてきた娘役としての声色とでも言おうか?

歌唱法と台詞回しがどうも柚香さんのまっすぐさに合わず、娘役でなく年上の女役に見えてしまうのが残念だった。

月組にも言えることだと思うけど、トップスターより年上に見えたら娘役とは言えないのではないかな?

こんなこと言うと今時は怒られそうだけどね。

これからは徐々に宝塚から離れようかと思ってたらフィナーレの永久輝さんの面構えがとても良くて、瀬奈じゅん様の感じが出ておりオペラで久しぶりにガン見した。

少し期待感が高まったこと申し添えます。

劇団四季、オペラ座の怪人

先日、劇団四季オペラ座の怪人、横浜公演の初日が当選して娘と2人、日帰り観劇出来るのにわざわざホテルに泊まって観てきた。

あまりの感動に2週間もブログに書くことすらおこがましく感じてCDを買い求めて観劇の余韻に浸っていたのだ。

30年くらい前になんの予備知識もなく一度だけ観にいったことがあるのだけど、シャンデリアとマスカレードの場面と小舟に乗る怪人の足が失礼ながら短かったことくらいしか覚えていない。

宝塚や東宝のファントムは観たことがあって望海、真彩コンビの公演は宝塚としては最高だったと思っている。

ただ、劇団四季オペラ座の怪人はやっぱり凄かった!

アンドルー・ロイド・ウェバー氏の楽曲が偉大過ぎて、それを歌い上げる四季の皆様の歌唱が壮大過ぎて、私はどちらかと言うと無神論者なのだけど神に捧げているような感覚を覚えた。

今度はまた日帰りで観るべくチケットを追加予約したので、またオペラ座の怪人の世界に浸りきりたいと思っている。

100周年の黄金のような時期に宝塚に出会えて、楽しかった気持ちが過去のものになりつつある今、また心が揺さぶられる舞台に次々に出会えていることは本当に有り難い。

 

 

瀧廉太郎の友人、と知人とその他諸々

音楽劇、しかも下北沢の北沢タウンホール

わたしの初めて尽くしに音くり寿さまがまたまた出演する。

音くり寿の卒業後を見届け隊!?としては行かねばならぬ。

好評を博した舞台の再演だそうだし、梅田さんはシスターアクトで拝見したことあるし、小出さんはかつてドラマで良く見てた。

音楽劇でかつ瀧廉太郎⁈唱歌ということに多少の不安はあったもののお稽古中のくり寿ちゃんが充実した様子だったのでDS以来に美しい歌声を浴びたくて不慣れな下北へと向かった。

結果、ふるさとを聴きながら涙する私、唱歌も音くり寿さまにかかると日本人としての魂が揺さぶられてる作品として新たな名曲に出会ったのごとく感じられたのであった。

ホールの大きさも程よく瀧廉太郎の居室に入って観ているような雰囲気でとても落ち着く。

才能ある若者の留学先での葛藤が丁寧に描かれる。お芝居から唱歌を歌う流れも自然で、本当にこんな感じで歌が作られて行ったのではと思う程だった。

キャストもそれぞれのお役にハマって良かった。くり寿ちゃんが学校に巡業したいって言ってたけど、確かにそんな作品だ。

美しい歌声に心が浄化される思いで大満足で家路に着いた。

ファンとしては大作ミュージカルに出演して欲しい気持ちもあるけど、心温まる小作品に出演するくり寿ちゃんも好きだ。

だけど、大作ミュージカル出演もいつか果たして欲しい。

それまで見守り続けられたらと思う。

星ノ円居夜

スカイステージで放送された花組トップ娘役、星風まどかさんのDSを拝見。

あんまり外見についてとやかく言うのは失礼かと思うけど、もともと可愛らしい方だと思っている前提で言うと

物凄くお化粧がけばいと思ったよ。

特に付けまつ毛が以前の形と違って不自然なのとまるで酔っ払いみたいに紅く入れた頬紅が全く似合っていない。水商売(差別用語だっけ)の女性に見えるのよ。

これは今の最後の公演のお化粧でも思ったけど、どなたかプロの方の指導なのですかね?

このお化粧が素敵と思えないわたしの方が時代遅れと言うなら仕方ないわね。

星風まどかさんのファンではないけど、彼女の演ったお役では王家に捧ぐ歌の新公とかフライングサパーの役は良かった。

歌も宝塚の中では歌える方だと思う。

でも、残念ながらひとつも私の心に染みないのよ。

それは、多分まどかさんがアイドル的歌唱法だからだと思う。

松田聖子さんとかの歌唱法に近いと私には感じる。

聖子ちゃんが厚化粧でエリザベート歌ってるからとても怖い。

いつも笑顔でと心掛けてるって聞いたことあるけど、それは大変立派な心掛けとも思うけど本音が見えないアイドルっぽさも感じてしまう。

花組に組み替えして、相手役トップスター柚香光さんの方針かもしれないけど、この2人の舞台上での距離感も近過ぎて不潔感漂って苦手だった。あれを見て萌える方も居るのだろうけど伝統的品格ある寄り添い芸を台無しににしたコンビだなと思ってる。

全てに否定的なことを綴って本当に申し訳ない。

でも、元宙組花組トップ娘役という押しも押されもせぬ肩書きを背負って卒業後もご活躍されることでしょう。

トップ娘役舞空瞳さん退団発表

千穐楽の翌日の発表、虚をつかれた感じだけど納得。

トップ娘役で8作は充分の部類なのだ。

ただ、RRRで出番が少ない為か?お芝居と歌が成長したなあと思ったばかりだし、礼真琴氏の元を離れて修行に出た?甲斐があって、やっとトップと対等に渡りあって残り2作くらいで同時退団かなと感じた矢先だった。

舞空瞳さんはお顔も可愛らしく、華があり、ダンスもお上手だ。

元気いっぱいで明るい女の子ってイメージ。

どちらかと言うと暗いイメージの礼真琴氏に明るさを補うには良い相手かとも思うが、何しろお芝居に深みが出ないタイプなのが残念で物足りなかった。

お二人のデュエットダンスは技術のぶつかり合いみたいで情緒にかける振り付けが多く、観客の私は満ち足りたラストをいつも迎えられなかった。

まあ、礼真琴氏も北翔海莉さんが星組の最終兵器と仰っただけのことはある方だけど、お芝居は演目を選ぶタイプ、意外とラブストーリーが似合わないような?お歌も物凄く上手いけど演目によっては感情が乗らずにカラオケ風に感じる訳だけど。

お二人の最後の作品、「記憶にございません」は映画で観たけど、確か総理の奥さんは秘書と浮気していて夫婦仲も冷めてる設定で、記憶を無くした後に仲が改善されていくと記憶しているが、果たして2人には全く似合わなそうな演目が吉と出るのか?

私は後は詩さんで申し分ないと思っているが小桜さんと一作でも観てみたい。トップ娘役は置かないで相手役としてでも。

小桜ほのかさんは霞草のようにロマンチックに寄り添うことも出来るし、力強い女戦士として共に立つことも出来る。歌唱力も素晴らしい。かつての宝塚の娘役の良さをお持ちの方だから。

 

 

星組RRR・ヴィオレトピア

宝塚歌劇に関しては最近ワクワクドキドキすることが無くなって来て悲しい限りなのだけど

一応確認したい気持ちがまだ残ってる。

A席かB席を選べば東京でもおひとり様なら1回は観劇出来る。

映画RRRは配信で観た。噂のナートゥダンスはインド映画ならではの明るさで、これかあと思うと同時に足がつりそうだし片足ステップで踊ったら股関節をやられそう、また舞台で毎日やるのは負担だろうなという心配が先にたった。

最近の演目は集客の為に話題性を重視するきらいがあって、本当に宝塚の世界観に合っているのか疑問を感じることが多い。

映画は3時間に及ぶ壮大なスケールの大作だ。

英国が如何に非人道的にインドの人々を扱い侵略していたかを改めて思い知らされ、ナートゥダンスは厳しい現実の中のほんの箸休め的シーンで全く娯楽作品ではなかった。

宝塚の脚本は良く纏まっていたとは思うし、火や水のダンサー、歌唱力のあるシンガーの表現力の高さもあって映画とはまた違った魅力もあった。

でも、インドの人々の苦しみを描き切るには何か物足りなさも感じた、

礼真琴氏がビームとして最初に登場する場面など今までの演目に感じることのなかったスターのオーラが溢れていたし、2番手の暁千星氏もトップスターに劣らぬ魅力を対等に表現出来ていて後継間違いなしと感じた。

トップ娘役の舞空さんも礼さんの元を離れて外箱を演じてきた効果があり、これまでの固さが取れて良かった。

ただ、ラストはトップスターとトップ娘役の絡みを増やすために原作を変えてしまい緊張感が薄れた感じがした。

1番の見応えシーンは鞭打ちの後のビームの歌だったが、礼真琴には凄みが感じられ迫害と男の友情が阿弖流為と同様にハマると再認識した。

ヴィオレトピアは指田先生の初作品ということで、賢い方のこだわりの作品って感じで嫌いじゃないけど、ストーリー性のある場面が多く理解しようと頭を使い観ていて疲れた。

その中でお気に入りはクールでカッコよく揃った男役群舞に娘役が絡んで行く場面、お衣裳もグリーンとオレンジの世界観が珍しく目をひいたのと、ロケットボーイの若手男役4名がそのままロケットに加わるのも珍しくで可愛かった。

楽曲選びも他の演出家が歌謡曲から選ぶことが多いところを指田先生は独特な感じなので馴染みが薄く記憶に残りにくい。

これまでの宝塚は歌謡曲を聴くような層がターゲットだと思っていたがこれからは変わって行くのかなと思った。

 

 

望海風斗 ドラマチックコンサート Hello

初めて望海さんのコンサートへ行って来ました。

f:id:kaisakura:20240325004816j:image

いやー良かった!

日本青年館の2階最後列のセンター席。

歌が聴ければ良いタイプの人間なので節約第一である。

とても音響が良く感じたんだけれど、単純に歌が素晴らしいからなのかな?

男役としての望海さんの歌声が大好きだったから、特にワンスのヌードルスの楽曲ね。

コロナで殆ど中止になったけど執念で2回観劇して、これ以上の男役はないと思ったものだ。

このコンサートでも「摩天楼のジャングル」を歌ってくれた。

私的には「愛は枯れない」と「いい夢だけを」が甲乙付け難く好きだけど、望海さんもワンスの東京公演数が少なかったことを残念に思ってファンの為にセトリに入れてくれてるんだね。

私は男役を離れた元ジェンヌさんには何故か興味がなくなるのだけど、イザボーで共演する予定の上原理生氏がゲストと知って興味が沸いてイザボーを観る前からこのコンサートのチケットを取っていた。

それが大正解!

お二人のデュエット

ミュージカル、ルドルフ〜ザ・ラスト・キスの

「something more」

もう、場内に響き渡る極上のハーモニー!

私の知る限りでは日本人歌手のレベルを超えた最高の歌声に包まれる幸せな空間だった。

もう歌が極まってた。

後は上原氏のゴッドファーザーのテーマは聴きごたえがあった。流石のオペラ出身!?

事前にセトリを調べて期待してたジーザスクライストスーパースターの

「I don't know how to love him」は本家を観劇したばかりなので何か違う。

マグダラのマリアの気持ちで歌って欲しいからまだ未見だと仰ってたので是非とも今度の京都で観て頂いてからまた聴いてみたい。絶対変わると思う。

イザボーの楽曲「Queen of the Beats」もあったけど、やっぱり歌詞もメロディーも刺さらなかったわ。

美空ひばりの「お祭りマンボ」、ABBAの「Money, Money, Money,」、カーペンターズの「Top of the world」などはご自分の声質にぴったりの楽曲を選曲されて英語にも挑戦されてとっても耳心地良かった。

望海さんの歌は上手いだけじゃなく生命力を感じるんだよね。上手くても生声なのにカラオケ聴いてる感じの方もいらっしゃるから。

望海さんの宝塚退団後の舞台って、ムーランルージュとイザボーしか拝見してないけど、

どうしても娼婦には見えなくて、ムーランルージュなら映画の方が世界観があると思ってしまうし、イザボーはキャストの歌唱力は皆様最高なのに脚本と説明過多の楽曲が好きになれなかった。

今日、お隣に座った方がガイズ&ドールズがお好きでまた観たいと仰ってたけど、何しろ歌い方の苦手なキャストが混じってると興醒めする面倒な客なので難しい。

今年の、ムーランルージュはファンクラブに入ってるのに申し込まなかったし、これじゃファンと言えないね。

グッズを沢山買ったり何回も同じ公演を観劇したりする情熱は無いんだけど

またコンサートがあったら行きたいなあ。